今日は常連のAさんが同僚の人と一緒に来てくれた

ネットで恵比寿昼キャバ求人を探してたときに今のお店を見つけた。

恵比寿の昼キャバは高収入の求人が多くて、その中で働きやすそうなこのお店に決めた。

今日は常連さんのAさんが来てくれた。

Aさんは36歳の会社員の人。

今日は同僚の人を1人連れてきてくれた。

「○○ちゃん今日は1人連れてきたよ」

「あ~Aさんありがと~」

「こいつはPね。俺と同期」

「Pさんこんにちは~」

「Pです。○○ちゃん可愛いね~」

「うんよく言われます~」

なんか言ってみたくなったこのノリ笑。

「今日はもうお仕事終わりなの?」

「うん、今日は2人で営業の仕事済ませてきた帰り。もう閉店までいるよ~」

「その気分なら夜の部のいるでしょ?」

「あ、なんでわかった?笑」

そりゃAさんの習性はもうなんでも笑。

「こいつね、昼間の仕事のときから○○ちゃんに会いて~とかって言ってうるさいの」

「まぁ本当の気持ちだからな。○○ちゃんへの一途な思いは」

「Aさん相変わらず軽いな~笑」

「こいつそうなんだよね。俺の方がいいでしょ?」

「うん、Pさんかっこいい」

「やったー。じゃぁ次からは○○ちゃんの常連になろ~」

「うれしい~。もうAさんいらないね」

「なんだよ、本当に真剣だったのに~」

Aさんいじりはこれだからやめられない笑。

「2人の掛け合い面白いから、次も2人で一緒に来てほしいな」

「まぁ○○ちゃんがそこまでいうなら、今度からPを連れてくるか」

「じゃぁ一人で来るのなしな」

「わかったよ。○○ちゃんは2人平等に接してくれるはずだしね。だよね?○○ちゃん」

「もちろん、PさんとばっかりしゃべったりはしないよPさんとばっかりは」

最後はこんな感じでAさんにモヤモヤを残せて楽しい状態で終了。

Aさんはこのくらい言った方がおしゃべり的には面白いんです。

いやほんと。

今日も楽しいAさんとのお話でした。

SNSでもご購読できます。