前のお店からこのお店に移ってきてもう2ヶ月。

このお店に移ってきたのは、バイト求人誌で恵比寿昼キャバ求人をたまたましてて良いお店かもって思ったから。

恵比寿で働いてみたかったし、昼キャバで高収入の求人の接客内容も働きやすそうだったから始めてみた。



今日は常連のWさんが来てくれて嬉しかった。

Wさんは26歳で同じ水商売の人。

小さなスナックのオーナーさん。

友達のAちゃんがWさんのお店で働いてて、一緒にWさんのお店に行ったときに仲良くなった。



「Uちゃんってこの前一人でお店に来てくれたの?」

「Aちゃんが急に来れなくなって、でもWさんに断るのも悪いかなぁって。てかその話したよね?」

「ほんと?酔ってて聞いてなかったわ。てっきりWちゃんに気に入られちゃったのかと」

「どう突っ込めばいいの?」

まぁこういう人です笑。



「Wさん今日はお店入るの?」

「うん、いるよ」

「じゃぁAちゃんと一緒に行くかも。Aちゃん行きたいって行ってたし」



結局お店では雑談しただけで、仕事帰りにAちゃんとオーナーのお店に行った方がメインになっちゃった。



スナックでの会話。

「Aちゃんってなんでこのお店辞めたんだっけ?」

「長いこといたしここらで卒業しようかなって」

「AKBかなにか?」

「そんなもん」

なんか余計意味わからん笑。

「このお店は一応3年以上は働かないように勧めてるんだよね。居着いて抜け出せなくなると困るからさ」とオーナーさん。

「まぁ私も最後の方は考えてたけどね。でもまた戻って来ちゃったけど」

「まぁまたタイミングを見つければいいさ」



そうなんだよね。

このお仕事は続けようと思えばいくらでも続けられる。

でも何か目標を持ってないとずっとこのまま。

贅沢な悩みかもしれないけど、私もしばらくしたら考えるときが来るんだろうなぁ。



なんてたまには真面目に考えてしまった1日でした。

SNSでもご購読できます。