風習を残していた恵比寿昼キャババイト

売り掛けというものが恵比寿の昼キャバの用語として存在しています。
売り掛けとは、特定のお客様がお店や女の子持ちでお酒菜をを飲んだりするものです。
いわゆる立て替えというものです。
お金がない時などにそういったものを利用して飲んだりしている方もいます。
給料日前などは特にそういった事を行っている方もいるわけです。
しかし、その売り掛けというものですが、最近ではほとんど行われていないものになります。
昔はそういった風習を残していた恵比寿昼キャババイトもありましたが、 やはり店舗としてもいろいろとマイナスの事も出てくるわけです。
恵比寿の昼キャバ店は貸金業者ではありませんので、取り立てなども厳しく行えない事もあります。
引越されてしまって料金を完全に踏み倒されてしまうということもあるわけです。
そういったマイナス部分の多さから、 最近では建て替えでも飲めるような恵比寿の昼キャバ店はほとんどなくなりました。
まだ地方のちもとの方を相手にしているような店舗ではそういったことができるケースもあります。
しかし、都会のような大規模な恵比寿の昼キャバ店ではそういった飲み方をすることはできませんので、しっかりとお金を確保したうえで楽しむようにしてください。
お金のない時は遊ばないようにしましょう。

SNSでもご購読できます。